エラシコ

ストレッチやマッサージを施しながら
エラシコの練習を続けていると、
少しづつ形になってきた。
アウトにひっかかり、
インで切り返せるようになってきた。
うまくいくと、
1.5秒で60cmの距離を切り返えせるようになった。
しかしそれ以上の距離はどうしても無理だ。
足が伸びないし、ボールが付いてこない。

ロナウジーニョは90cmくらい
ボールを移動させているのではないだろうか。
しかもドリブルしながら...
ドリブルしながらということは、
前に走りながら、
勢いをつけながらということである。
それで片足でボールを切り返す。
これは本当に難しい。
エラシコの練習はこれからも続けていく。
あっ!そろそろ練習に行く時間だ。


※1.(兄 大商大、弟 帝京→日産→ドイツ)
35年前登戸から越してきた彼らを初めて見たのは
上鶴間中学と道路を挟んで
直ぐ前に一緒に新設された上鶴間小学校で
私たちがキャッチボールボールをしていた時だ。

突然サッカーボールが
我々の頭上を飛び越えて行き、
それが行ったり来たりしたので
驚いて振り返って見ると、
私と同い年くらいの2人が
ロングパスを蹴っているではないか。

その距離は35mくらいあったと思う。

当時彼らはリフティングをしていて
浮いたボールのまわりをぐるりと足の甲を通したり
ボールがバウンドする前に足の甲でキャッチして
また浮かしたりたりする技を普通にしていた。


※2.OBに巨人軍監督の原辰則さんがいる。

原さんは学校一足が速く、
当時は投手で、
投げる瞬間、ボールがつぶれてしまって
ある程度までいくとスピードが出ない
軟式ボールで135キロくらい出していたと思う。

また、試合でサードを守っていて
強襲のゴロをファンブルしてボールを拾う前に
ゆっくりと、“わるい!”と言ってからボールを
手のひらでこするように投げ
瞬間でアウトにしたのを今でも鮮明に覚えている。

中学卒業直後の春休み、
既に東海相模の練習に参加していて
フリーバッティングをしていたが、
ただ1人原さんだけが柵越えを連発していた。

まさに怪物だった。

ちなみに私も上鶴間中学野球部のOBで、
原さんに指導を受けたことがある。


※3元々は右ききだったが、
地面を蹴り過ぎて、つき指が続き、
最終的に左ききになった。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です