エクステリア&ガーデンへのこだわり

デザインへのこだわり

デザインにこだわります

「もうこれ以上残念な外構を増やしたくない!」
この一心で日々デザインを考えます。
外構次第で住宅はガラッと違って見えます。
質が高いデザイン、世界各地をモチーフにしたデザイン、テーマパークのようなデザイン、見る人が目を見張るようなデザイン、おしゃれな激安デザイン等、枚挙にいとまがありません。
本当に素敵な施工をする外構・造園の業者をお探しならば、是非一度お話を聞かせてください。

素材へのこだわり

素材にこだわります

素材へのこだわり

私たちが質の高いエクステリアの施工をする上で、良質の素材は欠かすことができません。
いくらデザインや施工する技術が優れていたとしても、素材が良くなくては本当に良いエクステリアは出来ません。
当社の施工で使う材料は、天然素材の良い物を使用します。
天然の素材は人工の素材に比べ無害で長持ちし、質感も優れています。

ヨーロッパ漆喰

西洋漆喰

ヨーロッパ漆喰はヨーロッパ伝統の西洋漆喰で、今も実際に使用されている左官材料です。
主成分が石灰石で、100%自然素材のため、安心安全はもちろん、すばらしい質感と発色が特徴の天然の塗壁材です。
湿気を吸放出する作用や、放蓄熱性能、耐久性や汚れにも強く、住みやすくてお手入れもしやすい素材なのが魅力です。
これであなたの家の塀もプロヴァンスに!

本漆喰

和漆喰

本漆喰は日本古来の塗壁材で、100%天然の和の漆喰です。
しっとりとした質感で日本古来の漆喰壁に仕上がり、その性能は伝統建築物に多く使われていることでも実証されております。
本漆喰はその白さが特徴で、ディテールをはっきり出したい方にもおすすめの素材です。
またアレルギーを起こしにくく、シックハウス対策としても近年注目をされています。
無数のスサ繊維が塀のひび割れを防ぎ、住まう人の健康も守る安心・安全な壁へ。

ロートアイアン

ロートアイアン

当社デザイナーが一つ一つデザインお客様だけの特注品で、門扉、フェンス、手すり、表札など様々な実績がございます。
流行に左右されないデザイン性の高さや、発祥であるヨーロッパで長い歴史を経て今なお愛され続けている伝統があり、職人の手で造られるので、長く使い込むほど、深みや味わいが増す素材です。
もちろん、最新のおしゃれな既製品も悪いとは思いません。
ですが、一生に何度とない大事なマイホームですから、細部までこだわりぬいた貴方だけの一点ものをお選び頂きたく思います。

施工へのこだわり

施工にこだわります

ナチュラルな雰囲気、モダンな雰囲気、リッチな雰囲気など、お住まいの印象は重要な要素です。
私たちは情感に訴えるデザインを実現する施工を行います。
手間がかかってしまうこともありますが、お客様のライフスタイルやお住まいや景観との調和を大切にしながら施工するため、妥協を許すことは決してありません。
高品質な物造りにおいて、職人なら誰でも良いというものではなく、熟練した腕の良い職人に頼む必要があります。

一から職人の手で作ることへのこだわり

私達は既製の製品を組み立ててハイ出来上がり、と言うような手離れのいい施工は潔しとしません。
私たちの考える手造りの施工とは、何もないところから始めて、一からデサイン、設計、施工していくので少々時間がかかりますが、お客様は世の中に一つしかないものを手に入れることが出来ます。
既製品を組み立てるだけなら、誰が作っても同じ物ができます。
私達は人と同じ物を作るのには抵抗があります。
本当にお客様のことを想うからこそ、人の感情に訴える味わい深い作品造りを目指します。

デコレーション立水栓 手作りラダーと板塀 オリジナル山小屋風門柱 流木のパーゴラ

掲載写真のこれらの製品は既製品に見えますが、金物以外は全て当社職人による手造りの一品です。

  1. 水栓とウォッシュパンはガラスタイルの寸法に合わせて、型枠を組みコンクリートを打っています。
    白い部分は漆喰を使用しています。
  2. フレンチカントリーをテーマに、板塀にはエイジング加工、ラダーは古材を使用した手作り品。
  3. バーナーで焼いて木目を強調した木材を使用した、山小屋風のオリジナル門柱。
  4. 流木で作ったパーゴラ。
    防水、防腐の加工を施してあります。

私デザイナー藤森は、デザイン性や個性を感じられないものには存在意義を見出すことができません。
手造りの部分が多くなるほど手間がかかりますが、我々はそれを承知で信念を貫き、当社を選んで頂いたお客様のために、ガーデンEモールにしかないこだわりの施工をして参ります。

ガーデンデザイナー 藤森順也の心得

私は施工主様とは友人のような関係でありたいと思っています。
また、完成した施工は、私の子供のようなものでもあります。
何かあったらお客様宅へ伺い、お互いに元気な姿を見せる。
施工主様と施工者の関係とは本来そのようなものではないでしょうか。
お客様から頂いたご意見やご要望が、お家にとって良くないデザインや考えだと感じた際は、「それは良くないのでやめた方がいいです。」と、はっきり申し上げます。
しかしそれは、お客様の為を思って言っているので、どうか悪く取らないでください。
今の世の中には、お金を出す人が一番偉いと思っている人、お金を出す人に媚びる人がいます。
その考えでお客様に接するとお客様にとって良くないことをはっきり申し上げられなくなります。
私はエクステリア&ガーデンデザイナーですので、お客様が間違った方向性、デサイン等を主張されましたら、お客様が「あっ、そうなのか!」とご理解いただけるようご説明するのも、私の重要な役割の一つです。

デザイナーであり、職人でもある。だから、よく分かる。

私はエクステリア&ガーデンのデザイナーでありながら、現場の工務も担う職人でもあります。
デザイナーとしてお客様と打ち合わせをし、外構やお庭のデザインをイラストに起こします。
アイアン製品は、施工のイメージに合わせ複雑な模様をデザインしたり、全体の構造を設計します。
石材を使用する場合は、最適な石を選び、袖壁はウッドか漆喰か、少し変わったタイルにするか・・・
また職人としては、ブロックやレンガを積み、石やタイルを貼ったり、左官もします。
ウッドデッキなら、1本の材木をカットして塗装し、組み立てます。
植栽もします。
通常のガーデンデザイナーが分からない施工のこと、また職人がわからないデサインのこと。
これが私には分かります。
私が施工主様と打ち合わせたお話を突き詰めて噛み砕き、施工主様が判然としなかったイメージを具体的にします。
更に私が現場で自ら施工を行い、デザイン上の微妙なニュアンスを再現することで、こだわり抜いた素敵な作品をご提供しています。

ガーデンEモールのエクステリア&ガーデンデザイナー紹介も是非ご覧ください!