こだわり素材|石材

石材や大理石を選ぶことは、エクステリアを仕上げるにあたって非常に重要です。
種類や施工方法を間違えるとアンバランスになったり、統一感がなくなるなどセンスが問われます。
そして、目地の巾、石の配置一つにもバランスやセンスに差が出るものです。
お客様にお立ち会いいただき、ある程度一任していただければ、最良の施工となります。
駐車場、アプローチ、階段、花壇など、当社の石材施工をご堪能ください。

ジュラストーン

ジュラストーン

古生代に沈殿した堆積層が石化した石で、往時の生物の化石がそのまま含まれて石化したもので、名前の由来となっています。
よく見かけるポピュラーな石材の一つで、自然な味わいを演出します。
質感★★☆ 価格★★☆ 流行★☆☆ 壁使用☆☆☆ おすすめ★☆☆

クオーツストーン

クオーツストーン

アルビノオレンジと呼ばれている石材です。
石英ですので近くで見るとキラキラ光ります。
質感★☆☆ 価格★☆☆ 流行★★★ 壁使用☆☆☆ おすすめ★☆☆

コッツウォルドストーン

コッツウォルドストーン

ガーデニング発祥の地、イギリスのコッツウォールド地方から採れる石です。
質素でありながら存在感のある姿が、自らを品よく主張します。
コテージガーデンなどにおすすめです。
質感★★★ 価格★★★ 流行★★☆ 組積み使用★★★ おすすめ★★★

イタリア産の石その1

イタリア産の石その1

黄土色で優れた質感の石材です。
フランス産の石と非常に似ています。
駐車スペースなどに使用すると南欧のイメージをかき立てられます。
質感★★☆ 価格★★☆ 流行★☆☆ 壁使用☆☆☆ おすすめ★★☆

イタリア産の石その2

イタリア産の石その2

赤紫系と藍色系の2色があり、すばらしい発色です。
多くの形状、大きさがあります。
デザイナーのおすすめ石材です。
質感★★★ 価格★★★ 流行★★☆ 壁使用★☆☆ おすすめ★★★

イタリア産の石その3

イタリア産の石その3

ベローナ地方産の石材です。
高貴な雰囲気を醸し出します。
薄い朱色とグレーの色があり、どちらかと渋めの質感を出しています。
質感★★☆ 価格★★☆ 流行★☆☆ 壁使用☆☆☆ おすすめ★★☆

フランス産の石

フランス産の石

ジュラストーンに似ていますが、凹凸が多く、もう少し濃い色をしています。
高級感あふれる石材です。
現在は入手困難となっています。
質感★★★ 価格★★★ 流行★☆☆ 壁使用☆☆☆ おすすめ★★★

東南アジア産の石

東南アジア産の石

アジアンテイスト、和の庭に合わせやすく、お求めやすい価格です。
洋風に合わせるには比較的難しい種類も多いです。